お役立ち情報_子ども食堂って何?

こんにちは!仮り暮らしの徳永です。今回のお題は「子ども食堂って何?」です。

業界人しか知らないといっても過言ではない「子ども食堂」。コレを話題に出すとほぼ100%の確率で「はっ?何て?」「何それ美味しいの?」という顔をされるのでご紹介します。

子ども食堂とは

主に子どものための食堂です。無料~300円~500円でご飯を食べることができ、場所によっては遊んだり宿題を見てくれたりする「子どもの居場所」です。

*とはいえこの頃は大人も利用できる食堂が増えてきましたヨ。井戸端会議してるところもあるみたいです。

利用が可能な年齢

restaurant_menu_erabu.png

基本的にこのブログを読んでくれている子ども・大人なら何歳でもいいと思いますが、念のためその食堂に電話やWebサイトなどで確認しておくと良いでしょう。

どんな子どもが・どんな時に利用できるの?

利用条件はありません
たとえばなんとなくとか、学校帰りに暇つぶしとか、家に一人で何時間も留守番をしなくちゃいけない、ご飯を食べるお金や場所が無い、家から近いので理由はないけど寄ってみた、友達に誘われたから、など気軽に利用できる食堂です。

場所によっては遊んだり、勉強で分からないところを教えてくれたりします。ママさん同士の相談とか雑談とか、子ども同士で遊んだりしている時もありますよ。

お家の誰にも言えない困ったことがあったら相談してみるのもいいですね。ここではお互い様です!

子ども食堂に行ったら友達ができた、というのも珍しくないです。

利用料金

基本的に子どもは無料のところが多いですが、中には「高校生まで300円、大学生以上は500円」というように年齢に応じて料金を設定しているところがあります。とりあえず500円あれば間違いないでしょう。

スタッフさんはどんな人?

friends_hagemashi_girls.png

気さくな人間が多いです。そもそも「子どもと関わりたい、役に立ちたい」という気持ちがなかったらスタッフになってません。

スタッフさんも人見知りする人がいると思いますが、昔は学校の先生でしたとか、図書館のスタッフでしたとかで基本的に「子ども」「子育て」への理解があります。

自分人見知りするんですけどぉ。。。な子どもでも暖かく迎え入れてくれます。自分からは話しかけにくいなと思ったらスタッフさんの顔を凝視すれば話を振ってくれると思いますよ。たぶん。きっと。振ってくれるといいね。

でも、スタッフさんも人間ですから、話しかけられたのに無視したと思われる振る舞いは避けましょう。声が出ないなら頷きでもいいですし、ノート持参して筆談でも構いません。

初めて行って「誰あんた」みたいな対応されない?

店内の近くにいる年上の人に「ホームページを見て来ました。入ってもいいですか?」と一声かけるとスムーズです。よく来たねぇ!と笑いかけてくれますよ。さすがに初めて入る子どもが何も言わずに椅子に座ったらスタッフさんも戸惑うと思います。人間ですからね。それに、挨拶は基本です。

子ども同士だと「誰あんた」はありえます。大人は子どものことを気遣ってあげられますが、子どもはその子の性格によりますからね。

自宅の近所に子ども食堂があるか調べたい

コチラから調べられます。ぜひ行ってみてください、ぜひぜひ!
あなたの助けになってくれますよ。

一人で行くのが怖いんだけど・・・というあなた、もし東京・千葉・埼玉にいらっしゃるなら仮り暮らしの人間があらかじめ電話で予約しておいたり、同行したりも可能なのでお気軽にご相談くださいね。

その代わりドタキャンは子ども食堂さんにご迷惑・ご心配をおかけしてしまいますので、無しでお願いします!なにとぞ!

ご意見・ご質問・記事リクエストは仮り暮らしHPまで!