コラム_子どもの非を認めない・謝らない親

こんにちは!仮り暮らしの徳永です。

今回のお題は「子どもの非を認めない・謝らない親」です。どこにでもいますよね、モンスターペアレントです。毒親です。自分は「我が子第一!我が子かわいい!」なんでしょうが、虐待行為です。子どもは将来嫌われ者になるでしょう。

特徴

family_kyouiku_kahogo_girl.png

・質問内容に答えるのは親
・子どもが何かをしても「子どもがやったことでしょ?」
・うちの子が一番、うちの子は可愛い、他は大根かカボチャっていうかもはや道端の小石。
・うちの子がそんなことするわけない
・相手が100%悪い
・逆切れする「わざわざ言わないでいいじゃないの!」

代表例:質問内容に答えるのは親

例えば小学生の子どもが親と一緒に医者に行ったとします。先生は症状を聞きますよね、子どもに。なのに親がしゃしゃり出てきて親が答えるケースがあるんです。「どうしたの?」「咳が出ます」「お熱はあるかな?」「○℃です」「ご飯は何を食べてきたの?」「アレとこれとそれです。食欲はありました。」・・・。子どもは始終黙って放心。肝心なのは子どもの意見なのに。

まぁ、子どもがちゃんと言えないなら仕方ありませんが、言おうとしてるのに遮るのは違いますよね。

同じことは学校でも起こります。
「ナニガシ君のこと、馬鹿って言ったんだって?」「うちの子はそんなことしない!そうでしょ?ねぇ?」

「ナニガシちゃんのお人形、引っ張って壊しちゃったんだよね」「貸さなかったあの子が悪い!素直に貸してくれてればこんなことにならなかった!」

子どもに聞いてるのに親が答える。子どもはそれを見ているだけ。当事者なのにまるで他人事。これは子どもから「自分の意見を言う力」を奪い、子どもに「自分のしたことが正しい」「自分が黒と言えば白いものも黒くなる」という誤った価値観を与える行為です。

子どもの人生で起こる物事の主人公は子どもです

magnifier6_girl.png
親は子供を教え導くアドバイザーです。子どもの人生で起こる出来事の主役は子ども自身です。
子どもが主体的になって過ごすことではじめて、自己の能力を高めることができるのです。
親は子どもが良いことをしたら褒め、悪いことをしたら叱る。これができないと、子どもは傲慢な、それでいて他者から否定されるとトコトンまで落ち込む人間に育ちます。

<参考:「怒る」と「叱る」の違い>
*徳永の偏見です。
怒る:感情に任せて子どもの非をあげつらうこと。
叱る:どうしていけないことなのか、どうしたらよかったのか、今後はどうしたらよいかを教え諭すこと。

子どもの非を認めましょう

子どもがいじめの主犯だった、子どもが悪さをしてお店に迷惑をかけた。それは、親も一緒になって謝るべきです。親が頭を下げると子どもはそれを見て学びます。親がふんぞり返っていると子どもは虎の威を借る狐になります。「やっぱり自分の行動は正しかったんだ」と、都合よく解釈してしまいます。

でも、それは小学生までです。中学高校になると、いくら親が頭を下げようとも「あほくさ」と思うだけの子が多いです

子どもの非を認めることは自分の育て方や考え方、自分自身を否定されたと感じてしまうでしょう。すごく勇気がいることです。恥ずかしい、もう相手にしてもらえない、怖い。負の感情しか湧かないでしょう。

それでいいんです。子育てに正解はありません。人間ですから間違うことだってあります。間違えたら正せばいいんです。間違えた部分をごまかし続けていたら、もう手の施しようがなくなりますよ。子どもはちゃんと分かってくれますから、子ども可愛さに叱らないのでなく、子どものためにもちゃんと叱りましょう。
そうしないと、子どもは謝ることを知らない、謝ることを恥と思う、残念な大人に育ってしまいます。

もしも自分の親がそんな人間だったら

kakushitsu_haha_musume.png

あなたは自分で気づいているはずです。親に依存するのではなく自立しましょう。自分で自分の非を認め、自分の言葉で行動で、謝罪しましょう。親を反面教師にすれば自然とやるべきことやマナーが分かってきます。

ただし親に向かって「それは間違ってるよ!」というのは逆効果です。普通の親は「あらそうなの?」と受け入れるでしょうが、こういう親は「親に向かって何!親の言うことが聞けないの!?」と逆ギレします。危険です。
そのかわり身振り手振り振る舞いで教えて上げましょう。親も馬鹿ではありません、ちゃんと気づいてくれます。

「ごめんね」「すみませんでした」「ありがとう」これらの言葉を言うのはとても怖いことです。言える人は少ないでしょう。だからこそ、言える人は立派な人間になります

自分で自分を育てるために、「ご」めんね、「す」みませんでした、「あ」りがとうと、頭文字だけ言ってみてください。するするするっと言葉が出てきます。

それでは今日はこのへんで!ご意見・ご質問は仮り暮らしHPまで!